今月のテーマ

2019 / 5

Our Interconnectedness and the Environment

私たちの相関性と環境

o bhūr bhuva sva tatsaviturvareya bhargo devasyadhīmahi dhiyo yo na prachodayāt
オム ブール ブバハ スワハ タットゥサヴィトゥールヴァレーニャム バハルゴー デヴァシヤディヒーマヒ ディヒーヨー ヨー ナハ プラチョーダヤートゥ
地球宇宙天空。私たちは輝きの源の神聖な光に瞑想する。それによって私たちの心と思考が神聖になりますように。
– ガヤトリマントラ、訳マノラマ・ディアルヴィア、音エイプリル・デヒャガス
abandon.comに収録されているアメリカシロゴヨウというアメリカの北西部に生息する木について書かれている「What Do Birds Do For Us(鳥が私たちにしていることは何か)」というタイトルのエッセイでベリー・ヨーマンは、人間と他の動物は相互に信頼関係にあると書いています。
アメリカシロゴヨウの種は灰色クマや黒クマの食物となります。木々の集団はシカやヘラジカ、体格の大きな鳥の住まいとなります。アメリカシロゴヨウは上にまっすぐに伸びるので飲料水の供給を保護するのに効果的です。山が育まれることは本質的な水の塔なのです。つまり、私たちがニューヨークシティで建ち並ぶビルの屋上に見る水塔と同じなのです。木の根は土を支え、浸食や雪崩から保護します。木の根は山がバラバラになる事をせき止めているのです。天蓋による日陰は春の雪解けを遅くし、雪解けによる洪水を防ぎます。
たった一羽の鳥がアメリカシロゴヨウの種を分散させるのです!たった1羽!この鳥はハイイロホシガラスと呼ばれます。カラスの類で黒白をした羽を持ちます。ハイイロホシガラスは長いクチバシをしていて松かさの種を取り出すことが出来ます。この鳥も種を食べるほか、喉の後ろに種を貯めておくことが出来ます。そしてそれを木が再び育つように的確な場所に植えるのです(!)深いところに(!)
再生:山=水の塔、木々=雪崩と洪水からの保護、飲用水の保護、日陰と食料の供給。鳥=木々の再生産、世界が終わることを阻止する。そして人間=これら全ての魔法から利益を得ます。不要な破壊の原因となります。
これは、地球上の全てがどのように相関性を持ち相互に補い合っているかを例える一例に過ぎません。ある講義の中で、アラン・ワッツは地球上の全ての物の在り方への考察についてこのように説明しています。人間、花、雑草、鳥、蜂、全ては他の存在があるという理由だけの為に存在している。花は蜂がいるから存在し、蜂は花があるから存在している。
南アメリカの熱帯雨林はアフリカの砂塵の為に存在しています。アメリカ北東部の温暖な気候はアメリカ南部に熱帯雨林があるが故存在しています。などなど。
不運なことに、人間として大きな絵を見ることを思い出させる存在が必要です。殆どの人が自分の目の前の正誤だけしか見ません。私たちは小さな蜂たちが地球上の食物の70%に受粉をしているという関係性を見ません。私たちは野菜や果物がスーパーへ持ち込まれる為の全ての人間や動物の働きの関係性を見ません。農家、花粉媒介者、収穫者、梱包者、運搬者など。私たちは地球、宇宙、天空の関係性を見ません。
私たちは大きな絵を見ず、そしてこう言います。「私は一人です、変化を起こすのに何ができるの?」その無関心が770億人の人間による汚染に広がりそして私たちは問題を抱えるのです。
いま驚異となっている地球温暖化が合理的になるにつれて私たちに出来ることは?
バガバッドギーターの3章21でクリシュナはアルジュナにこのように伝えます。偉大な人間は事例によって導く世界を超えて他の人が従える基本を作る。以前に私たちはこの言葉について探求したがシャロン・ギャノンの言うように、繰り返しによって魔法は起こされるのです!行動を起こすことは時には大変かもしれない、なので、行動は小さくてもいいのです。あなたの視点を他者に強制する必要はありません。
もしかしたら、あなたの住む地域に喫茶店で後ろにいる人があなたの再利用可能なコーヒーマグを見るかもしれません。スーパーへ行ったらあなたのエコバッグを見るかもしれません。お店であなたが豆腐ラップを買うのを、公園のベンチで再利用可能な用具を見るかもしれません。もしかしたらその人たちが自分用に再利用可能な品物を探しに出るかもしれませんし、その出来事が話題になるかもしれません。あなたはあなたの事をして、地球救出を野に咲く花のように広げるのです。
アサナの練習は練習が持つ内側の相関性の学びとなります。ターダアサナのアライメント/マウンテンシートはクラスで私たちがするあらゆる他のアサナの中に存在します。(テーチングチップスを参照)全てのアサナは同じ身体的なアライメントを持ちます。ただ、形が違うだけなのです。同様に、この地球上の全て、生物も無生物も同じ要素で構成されていて、ただ形が違うだけなのです。
山。地球と言い換えましょう、もまた私たちが知る他の形あるもの全てと相関性をもちます。私たちは人間の形になります。戦士や賢人や聖人です。動物の形にもなります。イヌ、サル、トリ、カエル、魚、虫です。花や木の形にもなります。用具の形にもなります。コンパス、スキ、ボートです。山(地球)は共通の要素です。私たちが無生物であると思っているものも含めてこの地球上全ての物がこの地球から出来ています。私たちの周りのあらゆる人、あらゆる物との有意義で援助的な関係性を相互に持てるかを、ヨガの練習が身体的に、精神的に、そして哲学的に私たちに教えます。
ターダアサナ/マウンテンシートはサマスティティヒや平等な起立と言われることもあります。アサナのアライメントは前面と背後、側面と反側面、上と下において平等に均衡が取れています。また私たちも地球と平等に立っているのです。
sthira-sukham-āsanam(PYS 2.46)地球との繋がりは安定していて喜びを伴う。

 

過去のFocus of the month