今月のテーマ

Focus of the month April 2021/08

TIME IS ON OUR SIDE時間は私達の味方

क्षणप्रतियोगी परिणामापरान्तनिर्ग्राह्यः क्रमः
kṣaṇa-pratiyogī pariṇāmāparānta-nirgrāhyaḥ kramaḥ転変の成功(中断されない刹那の連続)は、それらの刹那を超越し、終極にある場合にのみ、明確な刹那として認識されます。パタンジャリのヨーガ・スートラ4章33節

私たちが意識的に望むなら、私たちの生活に大きな変化をもたらし、世界をより良い、持続可能な場所に変えることができます。 これらの取り組みの結果は時間を経て現れたり、又はまったく現れない場合もあります。このため、変化が現れないことは多くの人イライラさせ、試すことさえも妨げる可能性があります。 実際には、変化は絶えず起きています。 それにもかかわらず、これらの変化を短期的には認識できないこともあります。

花の種は、花が咲き始めてその完全な美しさを現す前に、多くの変化を経験する必要があります。 無知の者の目には、これらの変化は見過ごされがちです。 知的には、花が成長するために連続的に起こるプロセスを経ていたに違いないことを認識していますが、実際それらが起こったとき、私たちはそれらに気づかないのです。 これらのステップの長さは花ごとに異なります。 すべての重要なシフトを正常に完了するにはさまざまな量の小さな微調整が必要です。

ヨガの実践者として私たちは時々、肉体的にも精神的にも改善を感じず、修練がうまくいっていないと推測してやめたくなることがあります。 時間の最も小さな単位– kshanaクシャナ –で発生するわずかな変動は完全な改造に大きく貢献します。小さな変化はまた、変容の過程に沿って私たちを精神的および肉体的に準備をさせ保護します。 ほとんどの場合、突然の変化は恐ろしい、又は衝撃的なものになる可能性があります。 ティーンエージャーが就寝し、翌朝起きるとしわだらけの年寄になっている姿を想像してみてください。 かなり怖い目覚めに違いないですね。
バガヴァッド·ギーターの第11章では、クリシュナがアルジュナに彼の本性を示すことをためらう様子を説明しています。一度そうなると、アルジュナはクリシュナが表す「すべて」を受け入れる準備ができていなかったので、彼に「人間」の形に戻るように頼みました。 私たちがそれに対処する能力と強さを備えたとき、決定的な変化が目に見えるようになると言えます。 私たちの体と心が必要な安定性とバランスを得たときヨガの修練の変化に気付くでしょう。 そう、これには多くの時間がかかるかもしれないが、それは私たちが現在この瞬間に何が起こっているのかをもっと意識するために丁度必要な時間なのです。
あることが次のことにどう繋がるのか、そしてこの宇宙ですべての人とすべてのものがどのように相互に関連しているのかを認識するとき、私たちはヨーガを悟ります。 変化するとは実にどういう意味でしょうか? ヨーガ哲学によれば、変容中にその本質が影響を受けないとき、それは永遠と言えます。 シュリ·ブラマナンダ·サラスワティ(Shri Brahmananda Sarasvati)氏は、著書のヨーガ心理学教本(Textbook of Yoga Psychology)に、物質的な宇宙全体のコアの要素は電子、陽子、中性子であると書いています。 それらは変わりません。 変わるものはそれらの順序と配置であるため私達はさまざまな形式と事実を見るのです。 結果に変動が見られるたびに、何かが順序と原因の配置を変化させるのです。

維持の神であるヴィシュヌは色んな時代に世界を救うためにさまざまな形(アバター)で現れます。 彼の化身の1つはさまざまな側面を体現したクリシュナでした。ゴパラと呼ばれるいたずら好きな少年は、アルジュナと親しい友人でありアドバイザーであるゴピに愛され、彼の真の本質である神、ブラフマン、愛そのものを明らかにしました。 私たちは人生の中で特定の役割と義務を果たすためにいくつかの変化を経験します。私たちは子供、学生、専門家、親、友人であり、時には同時にそれらすべてだったりもします。 それぞれの側面は、洗練されるために、または互いにより長く続くために、より多くの変化を必要とし、その本質を維持しながらその特性を変化することも可能です。 速いか遅いか、見えるか見えないかのどちらかの変化は常に存在するのです。
どうすればすべての人の利益のために意識的な変化を加えることができるのでしょうか?どうすれば 結果がすぐに現れない時にも諦めないようにできるのでしょうか? 思考はすべての言葉と行動の本質であり、私たちの思考を観察することによって、私たちは自分の思考パターンを認識することができます。 私たちが見たい変化を促すために、私たちは自分の考えを修正し、それに応じて行動を変える必要があります。 私たちの行動が変わると、他のすべても同様に変わります。 マスターパタンジャリは、一貫し、勤勉で、規律があり、途切れることのない長期間の実践を通して、私たちは自分の考えを「コントロール」するための適切な条件を創造すると言います。 私たちは忍耐強く信頼する必要があります。適切な時期が来ると、根本的な小さな変化たちが重要な変化として現れます。覚えておいてください。結局のところ、時間は私たちの味方だということを。

by Jutta Ariane Mele-Maure

過去のFocus of the month