2022 September Sastra:The library of your life

「シャストラ:人生という図書館」 

オム サハ ナーヴァヴァトゥ サハ ナウ ブナクトゥ 

サハ ヴィーリャム カラヴァーヴァハイ 

テジャスヴィ ナーヴァディータム アストゥ マー ヴィドヴィシャヴァハイ 

オム シャンティ シャンティ シャンティ 

私たちを共に容認できるように 私たちを共に守れるように  

私たちの知識と強さが増しますように 私たちが互いに憤慨することがないように   「カタウパニシャッド」より祈りの詩 

“2022 September Sastra:The library of your life” の続きを読む

DHYĀNA: BE STILL. BE HERE NOW.ディヤーナ: じっとする。 今ここにいる。

August, 2022
tatra pratyaya-eka-tānatā dhyānam1 つの対象に注意 (サイキック エネルギー) を集中させるか、心的暗示を 1 つのアイデアに固定し、絶え間なくその状態を継続的に保持すると、その結果が瞑想 (ディヤーナ) である。(ヨーガ・スートラ3章2節)

“DHYĀNA: BE STILL. BE HERE NOW.ディヤーナ: じっとする。 今ここにいる。” の続きを読む

【Bhakti: What We Worship】バクティ(献身)私達が崇拝するもの

hare kṛṣṇa hare kṛṣṇa kṛṣṇa kṛṣṇa hare hare

hare rāma hare rāma rāma rāma hare hare 

ラーダはクリシュナを「私の心、体、魂、私の全てを捕らえた人」と呼びます。

クリシュナは最愛のラーダに愛情を込めて「私の王女、私の喜び」を意味するラマという名前で呼びます。これは魂(ラーダ)と神(クリシュナ)の間の愛の対話です。

“【Bhakti: What We Worship】バクティ(献身)私達が崇拝するもの” の続きを読む

アヒムサを超えて:制御と解放 by Jessica Stickler / May, 2022

सर्वे भवन्तु सुखिनः  

सर्वे सन्तु निरामयाः।

सर्वे भद्राणि पश्यन्तु

मा कश्चित् द्दुःखभाग् भवेत्।।

sarve bhavantu sukhinaḥ

sarve santu nirāmayāḥ

sarve bhadrāṇi paśyantu

mā kashchit duḥkha bhāgbhavet

あらゆる存在が幸せであるように。
あらゆる存在が病から自由であるように。
あらゆる存在が他者の美点を見るように。
誰も悲しみに苦しまないように。

ヴェーディックの祈り

“アヒムサを超えて:制御と解放 by Jessica Stickler / May, 2022” の続きを読む

Mar. 2022 真実、知識、至福、完全

By Jules Febre

ॐ सत्यं ज्ञानम् आनन्दं ब्रह्मा ॥Satyam Jñanam Ānandam Brahma

ヨガは非常に広い範囲を網羅する言葉です。 それは、最終結果だけでなく実践も表すことができます。ヒマラヤに由来するヨガの伝統と、新たに認識されて西にもたらされたヨガの伝統があります。 ヨガという言葉は多くの人々によく知られるようになり、おそらく誰かに「あなたはどのタイプのヨガを練習・学んでいますか?」と尋ねたこともあることでしょう。 それぞれが独自の明確な解釈、教え、信念を持つさまざまな方法論があることをある程度理解します。 私たちは 名前と形、相違といった、ナマnamaとルパrupaに満ちた世界に住んでいます。 スピリチュアルな修行により自分を探している場合、相違は特に重要となります。 伝統や方法論に真に没頭する前に、まず非常に単純な一連の質問をして調査する必要があります。私が探しているものとこの方法、又は、この伝統は私の価値観と一致しているのかを。

一見、私たちはみんなそれぞれ違うという事を言う必要はないように思えるかもしれません。 それでもそれは重要であり、さまざまな伝統やリネージ(系統・血統)に反映されています。 それぞれが重要視する問題、儀式や奉仕を強調することに関して微妙な相違があるのかもしれません。 それらの違いが何であるかに応じて、私たちはさまざまな方法論に引き寄せられたり、遠ざけられたりすることできるでしょう。 そもそも何が「スピリチュアルな修行」に私たちを惹きつけましたか? 私たちが達成したいことは何で、私たちは何を探し求めていますか? スピリチュアルな修練は、自分自身で何かがおかしい、または自覚していないと感じているために、私たちに呼びかけることがあります。 私たちは、私たちの周りの世界について教えられてきたコアな概念について深い疑問を経験するかもしれません。 この疑問は、私たちが世界の困難、苦しみ、または一時的な性質を循環するときに、不安定さや不幸を経験する原因となる可能性があります。 かつて私たちの世界に対する基本的な理解がもはや満足のいくものではないことに気づき、そこから霊的な旅が「始まる」ことでしょう。

さまざまなリネージと方法論の違いが重要になります。なぜなら、それらの基盤が私たちのコアな価値、状況、又は望ましい方法と一致しない場合、どのように修練を持続するために必要なモチベーションを得ることができることでしょう。 私たちが尊敬できるカリスマ教師や他の実践者を見つけることができたとしても、その道が私たちにとって正しくない場合、それに影響を与えるために必要な時間を費やすことは不可能でしょう。 私たちはその関係を通して自分が望み、安定し、楽しい繋がりを見つけることができないかもしれません。 各リネージの基盤を探求し、それらを深く調べることで、私たちの基本的な信念への洞察が得られます。 このメソッドは私をどこへ導き、また、どのようにそこへ辿り着くことができるかなどは役に立つ問いかけになります。

たとえば、本来のジヴァムクティJivanmuktihという言葉は、「生きていながら解放された人。 まだ世界で活動していて、他の人からは個人として見られているが、経験の中核としてその独立した自己を持っていない人。」 目的としては、この体が過ぎ去った後や、この体と世界を置き去りにするために修練をするのではなく、私たちが生きている間に超越的な意識を見つけることです。 私たちはこの生涯で悟りを開くことができないかもしれないし、確かに自分自身で設定するには非常に高い目標です。 しかし、主権や解放に向けての過程で、私たちは次第に気づき、親切で、優しく、思いやりのある者になれるかもしれません。

ジバムクティは5つの教義に基づいています。アヒンサー:非暴力、バクティ:献身、ディアナ:瞑想、ナーダ:音、シャーストラ:賢者の教えを学ぶ。 これらを基盤として、多くの実践に応用することができ、芸術的な創造性をこの旅にもたらす事が可能です。 私たちに求められているたった一つのことは、ゴールである「自由」又は「解放」を覚えていることです。 私たちの心は彷徨っても基盤となる教えは私たちをサポートし、連れ戻してくれます。 私たちは時々確認するだけで良いのです。 私たちの行動は、これらの基盤と一致しているか、これらの基盤から来ているのか。 私たちの実践のおかげで、その安定し楽しい性質をより感じているのか? 以前のヨガの修練から欲しかったものが今も欲しいのか? ヨガは私たちに何を求めているのか?

2022/2月ドラッグの中の神

by Ian Szydlowski-Alvarez |

 पूर्णमदः पूर्णमिदं पूर्णात्पूर्णमुदच्यते  

पूर्णस्य पूर्णमादाय पूर्णमेवावशिष्यते  

 शान्तिः शान्तिः शान्तिः 

oṃ pūrṇam adaḥ pūrṇam idam pūrṇāt pūrṇam udacyate 

pūrṇasya pūrṇam ādāya pūrṇam evāvaśiṣyate 

oṃ śāntiḥ śāntiḥ śāntiḥ

オーム プルナム アダ プルナム イダ プールナートゥ プルナム ウダチャテ プールナシャ プールナム アーダーヤ プールナム エヴァヴァシシャテ 

オーム シャンティ シャンティ シャンティ

イシャ ウパニシャッドより

あれは全体である。これは全体である。全体から全体が明らかになる。全体から全体では無くなった時、残ったものも再び全体である。

“2022/2月ドラッグの中の神” の続きを読む

2021/12 The Yoga of Relationships 「関係性のヨガ」

トゥヴァメヴァ マタ チャ ピタ トゥヴァメヴァ
トゥヴァメヴァ バンドゥシュ チャ サカハ トゥヴァメヴァ
トゥヴァメヴァ ヴィディイヤ ドラヴィナム トゥヴァメヴァ
トゥヴァメヴァ サルヴァム ママ デヴァ デヴァ
「神よ、あなたは我が母、我が父、親族、友、知識、富、あなたはわたしのすべてです」

“2021/12 The Yoga of Relationships 「関係性のヨガ」” の続きを読む