2019/11 The Wild and The Moon 野生と月

Om namah Shivaya
オム・ナマ・シヴァーヤ
吉兆と慈悲深き神シヴァへの祈り、変化、再生、最も高い自我、究極の現実の支配者
(ジヴァムクティチャントブック:ページ6の27)

寒い秋の夜のことでした、ジヴァはガンジス川のほとりに座っていました。彼の長くもつれた神が落ちて神聖な川になりました。完全なる静けさの中で、彼の肌は 灰で覆われ、周りの野生の自然に溶け込んでいたので、古くからの友人の月は彼を見つけることができませんでした。シヴァは月が川の上を昇る中で両目を閉じて座っていました。彼女の反射が川の水の中で輝き、シヴァは彼女に会えて喜んでいました。彼らは1ヶ月に一度、彼女が完全な姿の満月の時に会い、生、死、宇宙のその他の動きについて話しました。

今回は月がいつもより薄暗く感じだので、シヴァは少し心配していました。

ジヴァ:親愛なる古くからの友人よ、大丈夫ですか?私が最後に貴方を見た時から、貴方は少し輝きを失った気がしますが。

月:偉大なる神よ、私は最近悲しい。私が夜に出てきた時は殆ど光が見えないのですが、最近は沢山の火を見ます。熱帯雨林は燃えていて、地球上にはなんらかの光によって照らされていない場所は無いみたいです。私はそれが止まらないのか怖いのです。貴方はついにこの惑星を破壊することに決めたのですか?それはきっと良いことかもしれません、しかしご存知のように私は常にそれぞれの世界に愛着があるので、終わりが近づくと感傷的になります。

ジヴァ:いいえ、親愛なる旧友よ。それは私ではありません。人間が熱帯雨林の大部分を焼き尽くし、山を切り裂き、海を空にして、食べるための動物を育て、そして使用するための光を作り出しています。彼らは他の生き物を食べることで、力を得て、死ぬことを防ぐと考えています。人間は死を信じられないほど怖がっています、貴方はそのことを知っていましたか?彼らは自分の小さな体に非常に執着していて、皮膚や骨よりもはるかに大きなものの一部であることを完全に忘れています。私は願っています、燃やすのではなく木から学ぶことを。木は互いに属し、死ぬとすぐに分解し、数十億の菌類や微生物にかわり、新しい生命が咲くための土を作ります。森にとって、死は生きることと同じくらい重要であり、破壊と創造は相互に関連しています。人間は彼ら自然と野生に抵抗しているようで、そうすることで地球の残りの部分に莫大な損害を与えています。

月:どうしてでしょうか?

シヴァ:私はルドラ、暴風雨神と呼ばれています。私は森を歩き回り、森の一部になり、森は私の一部となります。私は命の土で覆われ、私の髪は沢山の人間を育む川に成長します。人間は野生である自然の状態を忘れてしまった。私は野生であり、野生は自然である。彼らの足は草と土の上を歩き、皮膚は周りの空気と水を感じる為にあります。人間のその一体化しない感覚がすべての物事を自分たちの便利なように整え、変えていき彼らに支配する感覚を与ます。彼らは自然と順応することを拒否し、自然を自分達がしたいように適応させたいのです。彼らは髪を切り、芝生や木を切りました。足を靴に、体を車に乗せました。世界ではなくスクリーンに目を向け、ペットボトルに水を入れて売り買いしています。彼らは食べ物の為に海の動物を殺し、食べる動物を育てる為に森林を焼き尽くす。他の命を食べることは彼らに間違った力の感覚を与えているようで、自然をコントロールすることは生と死をコントロールすることだと考えています。彼らは加齢と死に抵抗し、そしてそれは彼らが生命にも抵抗してることを知らないのです。

月:しかし神よ、ならばなぜあなたはこの世界に終止符を打たないのですか?人類に多くの希望が残っているようには思えません。

ジヴァ:愛しき人よ、希望があるのです。常にあるのです。私は慈悲深い、私は善を信じています。全ての存在に私の一部があります。平和、静寂、思いやり、純粋な意識、全ての生き物にある本来の幸福。私は動物と自然の守護神パシュパティです。人々は私と繋がるとすぐに、これらの資質を彼ら自身でもたらします。私はヨガを教え、人々に自分自身を癒す為の道具を教えました。アーサナと瞑想を教えて、地球との繋がりを深め、心を落ち着かせました。彼らの無知、エゴイズム、嫌悪や執着、そして 死への信じられないほどの恐怖を克服する為に、私はヨガを教えました。彼ら自身と彼らの惑星を救う為の方法を与えました。

月:時々、私は貴方が破壊者だけではなく守る者でもあることを忘れます。

シヴァ:守る為に破壊します。私は無知と恐怖を破壊します。人々は私を信頼するとすぐに、生と死に抵抗することを真っ先にやめ変わるでしょう。彼らは真に成長するでしょう。
私のように、彼らは野生で激しく、自然と動物に対して慈悲深く、保護的なのです。

月:人類への信頼を失わないように私を導いてくれてありがとう。私は自分の光が蘇ってくるのをもう感じています。私が眠る途中で太陽に会ったとき、貴方が話したことを彼に伝えます。このところ、彼はここで見下ろしていたことにとても動揺しています、彼が怒っているときはいつもとても熱くなっていることを貴方は知っていますね。

シヴァと月は敬意と感謝の気持ちを込めてお互いに深く頭を下げ、月が眠りにつくと、シヴァは深い瞑想に戻りました。

本文: Martyna Eder
訳:Aiko Nagata

2019年10月マウナ(沈黙)は黄金

सत्यम्ज्ञानम्आनन्दम्ब्रह्म

Satyam Jnānam Ānandam Brahma

サティヤムジュナーナムアーナンダムブラフマ

真実、智慧、至福、絶対

ジヴァムクティ チャントブック頁4-8

平均的な人は1日に16,000の言葉を話すと推定されています。なんてことでしょう! とても沢山です!もしも私たちが時々、沈黙の誓いを立てたら、私たちのサダナはどのようなものになるのでしょうか。11年の間、スワミニルマラーナンダ(シャロンとデイビッドの最初のグル)は日々この練習をしました。つまり何も言葉を発しなかったのです。代わりに、マウニとして過ごしていた間、「無政府主義スワミ」は自分のエネルギーを話すことではなく書くことに注ぎました。世界中の政治指導者たちに向けて、彼の平和と非暴力のメッセージを届けていたのです。

 マウナは話すことを制約する神聖な訓練です。それは、これはスピリチュアルな経験が訪れることを通した規律であり、マインドの静寂によって決まって特徴づけらる意図的な沈黙を守ること、そして、音に対する感受性を高めます。続いて、沈黙の穏やかな影響が、物事をより明確に見ることの助けとなります。まるで、穏やかな湖の水に、物がそのままの状態で映るように。これによって、自分自身と自分の周りと深く繋がるようになるのです。

もし、マウナを練習することにしたら、恐らく私たちは単純に話さない事から始めるでしょう。そののち、読むこと、書くこと、そして他者とのアイコンタクトを断つようになるかもしれません。つまりは、最小限だけどマインドフルな行動への練習へとなっていくということなのです。まず最初に自分を邪魔するものを掴もうとする傾向に気づくでしょう。例えば、携帯をチェックしたい欲望や本を手に取ることや、音楽をかけて沈黙から退くことなど。これらの衝動に応対する前にこれらの主張に気付くことが出来るでしょうか。マヌアの練習中にこれらの欲望が増幅するのは、私たちのチッタヴリッティ(ぐるぐる回るマインドの活動)が突然に認知されるからなのです。私たちは1日に数万の思考を持つと推定されています。しかしそれは、私たちがその状態への気づきが邪魔されていない時だけです。

私たちが目撃者(サークシ)である時、私たちは応対するよりも観察します。これは、コメントする必要を感じていない状態で、会話において目撃者でいるという真の姿です。単純に相手が話す余地を与えるということは驚くほどに謙虚なことです。アランワッツは、真の沈黙のことを「思考するのを止め、真実を真実のまま経験すること。何故なら結局のところ、もしずっと話していたら、他の人が言わなくてはいけないことを誰のことも聴くことが出来ないのだから!」と言います。自分が一杯の時は聞くことができません。空っぽが共鳴のためのスペースを許容するのです。私たちが空っぽの時に私たちは、マーンドゥーカウパニシャッドに記述されているようなOMの音を聴くことが出来る状態になるのです。仏教徒はそれを「無」と言います。

大抵の場合、沈黙は音の無い状態と定義されます。しかし、自然科学者なら恐らく、真の沈黙は存在しないと反論するでしょう。自然界において、過剰な音の公害から来る人類学的障害は、音響環境学者のゴードンヘンプトンに言わせると、沈黙は絶滅の縁だということになるのです。もちろん、野生生物も私たちがしているように意思伝達をします。私たちが自然を観察するならば、私たちは彼女には言うことが沢山あると認識するでしょう。オーストラリアのヴィーガン活動家のジェームスアスペイは2014年の1年間「話さないこと」を実行しました。 彼は、動物への意識を上げるという自分の意図を説明すべく国営放映で沈黙を破りました。「私は話すのを止めました。何故なら彼らは話さない、と私は思ったからです。しかし、私は彼らは話していないのではないということに気づきました。彼らは痛みに泣きます。彼らは恐れに叫びます。そして、彼らがそういったことをする時は、彼らが苦しんでいることを私たちに伝えるために彼らの声を使っているのです」私たちも沈黙を存在だという違う視点からの解釈が出来たでしょう。他者と、自分自身と、あるいは自然と共に座り、彼らが何を言わなければならないのかを聞く機会だと解釈出来たでしょう。

人類の相互作用において、多くの意思伝達は言葉によってされ、単独ではありません。

事実、言葉は私たちの意思伝達においてはほんの小さなパーセンテージしか占めないのです。代わりにボディランゲージや声のトーンの方が多くを伝えると、多くの文献において、そう信じられています。私たちはこの概念を人類だけではなく、動物や自然の中に適用する事が出来るでしょうか。静かでいることは、受動的な隣人でいるという行動ではありません。そうではなく、真実を観察し、私たちが見る世界に対してどう対応するかを意識的に選択するという過程なのです。10年以上マヌアを実行したスワミニルマラーナンダでさえ、彼が目撃していた世界の不公平についての沈黙を続ける機会とはしませんでした。

私たちが話す言葉の、そして言葉を控えることの黄金率を見つけられますように。そして、それが私たち皆を、自分の内と外の平和を経験することへ、その道しるべを示してくれますように。真実を、智慧を、至福を、そして絶対を、知ることが出来ますように。

本文 サンディ キング

2019年7月With time magic arises 時間と共にマジックは起こります

abhyāsa vairāgyābhyām tan nirōdhah (PYS 1.12)練習と無執着(とらわれない)によって、マインドの動きとの同一視を止める。私達の相対的な世界では、成長(発展)、変換、構成部分を再編成する事は “時間” がある所で起こります。

“2019年7月With time magic arises 時間と共にマジックは起こります” の続きを読む

2019年6月 The Light of Knowledge 知恵の光


The Light of Knowledge 知恵の光
om. asato mā sad gamaya tamaso mā jyotir gamaya, mṛtyor mā amṛtaṁ gamaya. oṁ śāntiḥ śāntiḥ śāntiḥ.オーム アサトマー サッガマヤタマソーマ ジョーティルガマヤームティヨルマー アムルタン ガマヤーオーム シャンティ シャンティ シャンティ
Lead me from the unreal to the real, from darkness to light, from death to immortality.Om peace peace peace.私を非現実から現実へ、暗闇から光へ、死から不滅へと導いてくださいオーム 平穏 平穏 平穏(from Bṛhadāraṇyaka Upaniṣad ブラダランヤカ ウパニシャッドより)

“2019年6月 The Light of Knowledge 知恵の光” の続きを読む

2019/5 Our Interconnectedness and the Environment 私たちの相関性と環境

oṃ bhūr bhuvaḥ svaḥ tatsaviturvareṇyaṃ bhargo devasyadhīmahi dhiyo yo naḥ prachodayātオム ブール ブバハ スワハ タットゥサヴィトゥールヴァレーニャム バハルゴー デヴァシヤディヒーマヒ ディヒーヨー ヨー ナハ プラチョーダヤートゥ地球宇宙天空。私たちは輝きの源の神聖な光に瞑想する。それによって私たちの心と思考が神聖になりますように。– ガヤトリマントラ、訳マノラマ・ディアルヴィア、音エイプリル・デヒャガス

abandon.comに収録されているアメリカシロゴヨウというアメリカの北西部に生息する木について書かれている「What Do Birds Do For Us(鳥が私たちにしていることは何か)」というタイトルのエッセイでベリー・ヨーマンは、人間と他の動物は相互に信頼関係にあると書いています。アメリカシロゴヨウの種は灰色クマや黒クマの食物となります。木々の集団はシカやヘラジカ、体格の大きな鳥の住まいとなります。アメリカシロゴヨウは上にまっすぐに伸びるので飲料水の供給を保護するのに効果的です。山が育まれることは本質的な水の塔なのです。つまり、私たちがニューヨークシティで建ち並ぶビルの屋上に見る水塔と同じなのです。木の根は土を支え、浸食や雪崩から保護します。木の根は山がバラバラになる事をせき止めているのです。天蓋による日陰は春の雪解けを遅くし、雪解けによる洪水を防ぎます。たった一羽の鳥がアメリカシロゴヨウの種を分散させるのです!たった1羽!この鳥はハイイロホシガラスと呼ばれます。カラスの類で黒白をした羽を持ちます。ハイイロホシガラスは長いクチバシをしていて松かさの種を取り出すことが出来ます。この鳥も種を食べるほか、喉の後ろに種を貯めておくことが出来ます。そしてそれを木が再び育つように的確な場所に植えるのです(!)深いところに(!)再生:山=水の塔、木々=雪崩と洪水からの保護、飲用水の保護、日陰と食料の供給。鳥=木々の再生産、世界が終わることを阻止する。そして人間=これら全ての魔法から利益を得ます。不要な破壊の原因となります。これは、地球上の全てがどのように相関性を持ち相互に補い合っているかを例える一例に過ぎません。ある講義の中で、アラン・ワッツは地球上の全ての物の在り方への考察についてこのように説明しています。人間、花、雑草、鳥、蜂、全ては他の存在があるという理由だけの為に存在している。花は蜂がいるから存在し、蜂は花があるから存在している。南アメリカの熱帯雨林はアフリカの砂塵の為に存在しています。アメリカ北東部の温暖な気候はアメリカ南部に熱帯雨林があるが故存在しています。などなど。不運なことに、人間として大きな絵を見ることを思い出させる存在が必要です。殆どの人が自分の目の前の正誤だけしか見ません。私たちは小さな蜂たちが地球上の食物の70%に受粉をしているという関係性を見ません。私たちは野菜や果物がスーパーへ持ち込まれる為の全ての人間や動物の働きの関係性を見ません。農家、花粉媒介者、収穫者、梱包者、運搬者など。私たちは地球、宇宙、天空の関係性を見ません。私たちは大きな絵を見ず、そしてこう言います。「私は一人です、変化を起こすのに何ができるの?」その無関心が770億人の人間による汚染に広がりそして私たちは問題を抱えるのです。いま驚異となっている地球温暖化が合理的になるにつれて私たちに出来ることは?バガバッドギーターの3章21でクリシュナはアルジュナにこのように伝えます。偉大な人間は事例によって導く世界を超えて他の人が従える基本を作る。以前に私たちはこの言葉について探求したがシャロン・ギャノンの言うように、繰り返しによって魔法は起こされるのです!行動を起こすことは時には大変かもしれない、なので、行動は小さくてもいいのです。あなたの視点を他者に強制する必要はありません。もしかしたら、あなたの住む地域に喫茶店で後ろにいる人があなたの再利用可能なコーヒーマグを見るかもしれません。スーパーへ行ったらあなたのエコバッグを見るかもしれません。お店であなたが豆腐ラップを買うのを、公園のベンチで再利用可能な用具を見るかもしれません。もしかしたらその人たちが自分用に再利用可能な品物を探しに出るかもしれませんし、その出来事が話題になるかもしれません。あなたはあなたの事をして、地球救出を野に咲く花のように広げるのです。アサナの練習は練習が持つ内側の相関性の学びとなります。ターダアサナのアライメント/マウンテンシートはクラスで私たちがするあらゆる他のアサナの中に存在します。(テーチングチップスを参照)全てのアサナは同じ身体的なアライメントを持ちます。ただ、形が違うだけなのです。同様に、この地球上の全て、生物も無生物も同じ要素で構成されていて、ただ形が違うだけなのです。山。地球と言い換えましょう、もまた私たちが知る他の形あるもの全てと相関性をもちます。私たちは人間の形になります。戦士や賢人や聖人です。動物の形にもなります。イヌ、サル、トリ、カエル、魚、虫です。花や木の形にもなります。用具の形にもなります。コンパス、スキ、ボートです。山(地球)は共通の要素です。私たちが無生物であると思っているものも含めてこの地球上全ての物がこの地球から出来ています。私たちの周りのあらゆる人、あらゆる物との有意義で援助的な関係性を相互に持てるかを、ヨガの練習が身体的に、精神的に、そして哲学的に私たちに教えます。ターダアサナ/マウンテンシートはサマスティティヒや平等な起立と言われることもあります。アサナのアライメントは前面と背後、側面と反側面、上と下において平等に均衡が取れています。また私たちも地球と平等に立っているのです。sthira-sukham-āsanam(PYS 2.46)地球との繋がりは安定していて喜びを伴う。
Teaching Tipsティーチングチップス・クラスの冒頭でターダアサナのアライメントを教えましょう。1つか2つのアサナを選んで以下の方法を使ってアライメントを説明しましょう。提案-アライメントが分かりにくいアサナを選びましょう。(座ったツイストや後屈)・アメリカシロゴヨウやハイイロホシガラスのように人間がどのように他の生き物と関与しているのか例をあげましょう。・内的相関性についてのアラン・ワッツによる多くの講義の一つを流しましょう。・ティクナットハーンの相互共存(インタービーイング)を参照しましょう。
ターダアサナ
・両足、前と後ろ、両サイドに均等に重心を乗せ・土踏まずを引き上げる・ふくらはぎの筋肉は大地に向かって引き下げ、脛は後ろへ、脛の外側を互いに向かって引き寄せる・足の下部を下げ、後ろ側、ももは引き上げる(ハムストリング、大腿四頭筋、臀部を引き上げる)外側の腿は外旋、内側の腿は互いに引き寄せる・下腹部は引き込み、引き上げながら尾骨をわずかに下げる。恥骨と尾骨は互いに引き寄せあい、腰骨はニュートラルに。・肋骨は引き上げ身体の内側を長くするように腰骨から引き離す。下部の肋骨はわずかに引き込む。(尾骨を下げることを忘れないように!)・胸骨は引き上げる。(肋骨は引き込みを保持して!)・肩は下げて後方へ。・上腕は外旋、前腕は内旋。・顎は大地と平行に・下半身は大地へ向かって引き下がり、上半身は引き上げる。・全ての関節が積み上げられている。頭は肩の上に、肩は腰骨の上に。腰骨は膝の上に、膝は足首の上に。背骨はそれ自体が完全な状態に。このアライメントを全てに適用していきましょう。

2019年4月 Let your soul be your pilot  魂をパイロットにして

Let your soul be your pilot
魂をパイロットにして

 

「ハレクリシュナ ハレクリシュナ クリシュナクリシュナ ハレハレ、
 ハレラマ ハレラマ ラマラマ ハレハレ」
ラーダーはクリシュナに呼びかける、「私の心をとらえ、私のマインドも、体も魂も、私のすべて、私の全部をとらえた人よ」。クリシュナは愛情を込めて愛しいラーダーをラーマと呼びかける、その意味は「私の女王、私の歓喜」なのだ。――
――魂(ラーダー)と神(クリシュナ)との間で交わされる愛の対話より “2019年4月 Let your soul be your pilot  魂をパイロットにして” の続きを読む

2019年3月 FEED THE BIRDS 鳥に餌を与えよう

yad yad ācarati śreṣṭhas tat tad evetaro janaḥ sa yat pramāṇaṁ kurute lokas tad anuvartate

yat―なんでも ; yat―そしてどちらでも; acarati―彼は行動しますが; sresthah―人々の中で最高の; tat―; あれ; tat―それだけで; eva―確かに; itarah―一般的に、他の; janah―人々; sah―彼; yat―どちらでも; pramanam―証拠; kurute―実行する; lokah―全世界; tat―あれ;  anuvartate―足跡をたどる

賢者やリーダの活動や行動は多くの人々に観察され、真似されながらその志を継がれて行きます。賢者による模範的な行為から設定された基準は世界の国々で従われます。
バガバッドギータ3章21節

“2019年3月 FEED THE BIRDS 鳥に餌を与えよう” の続きを読む

2019年2月 A Slice of Truth  真実の一切れ

A Slice of Truth
真実の一切れ
satyam brūyāt priyam brūyāt na brūyāt satyam apriyam priyam anritam na brūyāt esha dharmah sanātanah
このサンスクリット語の詩はマヌ法典の4章138からの抜粋です。永久の哲学あるいはサナータナダルマ(sanātana dharma:ヒンドゥー教における永遠の意)の要点を要約しています。意味は「真実を言い、スイートなことを言うこと。スイートではないけれど真実であることは言わず、真実では無いけれどスイートなことも言わないこと。これは智慧である」
ヨギーとして、話す時には親切にそして前向きな言葉を使うということを私たちは知っています。私たちは親切で前向きな真実を創造しているのです。暴力、不親切、そして傷つけるような言葉は破壊的なことです。言葉は力を持っているのです。ーシャロン・ギャノン/マヌ法典4章138/オーディオ:キャサリン・ミランダとハリ・ムルクトゥラ “2019年2月 A Slice of Truth  真実の一切れ” の続きを読む

2019年1月Liberation Toolkit 2019 2019年、解放へのツールキット

Tapōbhih Kshīna Pāpānām Shāntānām Vītarāginām Mumukshūnām Apēkshōyam Ātma Bōdhō Vidhīyate
    – verse 1 of Ātma Bodha (Self-Knowledge) composed by Shankaracharya
強い心で悪を打ち負かすことの出来る人、平和な心を持てる人、そして不必要な欲がなく自由を求める人にこの自己の知恵を提示する。– Johnson’s translation, Divine Life Press, Chicago 1910
この“私は誰であるか”と言う自己認識、アトマ・ボダは、タパ(自制心)によって心を浄化させ、平穏な心に満ち溢れ、さらに心が両極のペアー(たとえば個人的な好き嫌いなど両極端な感情)から自由で、ブラフマンを自我として体験したい強い願望を持つ者のために構成されている。
– Shri Brahmananda Sarasvati, March 1968